日本語

English

(社)東京学芸大Explayground推進機構「授業研究ラボIMPULS」による、
実践者と研究者を結ぶ国際的な情報交換サイトです。

ホーム > 授業研究リソース > 数学教育 Lost in Translation > 第19回 量と測定:アメリカにおける複雑な単位とその学習

第19回 量と測定:アメリカにおける複雑な単位とその学習

タイトル 第19回 量と測定:アメリカにおける複雑な単位とその学習
ファイル1 リンク
著者 吉田 誠
概要 「英語で日本の算数教育を表現するときに浮き彫りになる日本算数教育の特徴,一対一対応にはならない英語と日本語の興味深い関係,またそこから見えてくる日本とアメリカの算数教育に関する考え方,問題意識の違いや共通点を,新しい学習指導要領の要点と関連づけてみることによって,読者の教材研究の糧になることを期待しています。」

*本資料は、東洋館出版社のご厚意で、『新しい算数研究』2年分の連載ページをホームページで無償配布するご許可を頂いたものです。
参照 東洋館出版社『新しい算数研究』2011 No. 482 3 月号

一般社団法人 東京学芸大Explayground推進機構

授業研究ラボ IMPULS 

※旧東京学芸大学「国際算数数学授業研究プロジェクト」

 

Email:impuls-lab(a)explayground.com

※(a)を@に置き換えてください。